トロフィーをもらう時…贈るトロフィーの選び方!

大きなトロフィーは高い評価

バスケットボールの県大会で優勝したとか、ダンスのコンクールやフェスティバルで上位入賞を果たしたとか、一大イベントで好成績を残した時には、きっとトロフィーが授与されるはずです。努力に対して頂いたものですから、勿論トロフィーをもらった時の嬉しさはとても大きなものでしょう。しかし、もらったトロフィーは飾る場所や保管する場所に結構苦労するものです。両手で抱えて持つようなトロフィーをもらった時は、それだけ大きな評価として受け取れるのですが、いざ自宅に持ち帰って飾るとなると困ってしまいますよね。

トロフィーの管理について

皆さんもご存知かと思いますが、トロフィーってすごく複雑な形をしています。何も考えずに棚の上にポンと置いてあるだけでは、きっとすぐに埃をかぶってしまいますよ。せっかく努力して評価し得たトロフィーなのに、埃をかぶってしまったらその価値も下がってしまいます。複雑な形をしているトロフィーを埃から守りたい場合は、扉のついた棚などに入れておくといいですよ。そうすれば長期に及んでも埃をかぶることもないし、美しく輝いたままのトロフィーで保管することができるでしょう。

よく考えてトロフィーを贈ろう

トロフィーをもらった時は、どんなトロフィーでも嬉しいはずです。一生懸命やったことでもらうことができれば、一生の宝物としてずっととっておきたいと思うでしょう。残した功績が偉大だからこそ大きなトロフィーを捧げるというのは理にかなってはいるものの、もらったトロフィーは自宅で管理しなければならないということも忘れてはいけません。トロフィーを選ぶ時には、大き過ぎても小さ過ぎてもいけないんです。いつまでも飾っておけるような形や大きさを考えなければいけませんよ。

トロフィーは大会やイベントなど、勝った人や活躍した人に与えられる商品で、その栄誉を長らく称える意味合いのシンボルてきな物でもあります。