洗練されたコンテンツを作るウェブ制作の工夫

余白を有効に使ったデザイン

初心者がウェブ制作をするときによくしてしまいがちなのが、余白をできるだけ少なくデザインをしようといろいろなものを詰め込んだ結果、ごちゃごちゃしてしまうということがあります。余白を埋めるためという目的のためだけに入れるものは、ホームページにとって必要がないものなので、ユーザーにとって不要です。たくさん要素があることでユーザーに影響力を与えられると考えないほうがいいです。やはりウェブ制作の基本はユーザーにとって価値のある情報のみを載せるべきです。サービス精神のつもりでいろいろな要素を載せたつもりでも、ユーザーにはごちゃごちゃしたイメージを与えてしまってはいけないので注意すべきです。適切な余白がホームページにあることは悪いことではなく、余白の周りのテキストや画像を目立たせることができるのは大きなメリットです。やはりコントラストがはっきりしているデザインをすることでプロっぽいホームページになります。

基本となるカラーを決める

ウェブ制作の初心者は色を多く使った方が見栄えがすると思いがちですが、テキストなどに使うカラーは3色くらいにするとすっきりしたデザインになります。統一感のないカラーをいくつも使うと安っぽいイメージをユーザーに与えてしまいます。洗練されたホームページをつくるためには、基本となるカラーを1つ決めて、その色を際立たせるために他の色を使うといいです。また、同じジャンルの他のサイトと同じ色を基本の色にしないように注意が必要です。

コーディングとは、デザインを元にHTMLやCSSを用いてwebサイトをブラウザで表示できるようにする作業を指します。