ネットでの誹謗中傷は無視するべきか対処するべきか

愉快犯による誹謗中傷は無視した方が収まりやすい

ネットでの誹謗中傷は放置した方がいいという人と、なんらかの対処をした方がいいという人がいます。どちらにもメリットとデメリットがありますが、状況によって使い分けるのがいいでしょう。では、放置を選んだ方がいいケースとしてはどのようなものが挙げられるでしょうか。代表的なものとして、誹謗中傷が突発的に行われた場合が挙げられます。たとえば、ブログなどを通じて炎上してしまい、その騒ぎに乗じて誹謗中傷をしてくる人が出てきたといったケースです。こういったケースで誹謗中傷をしてくる人は恨みを抱いているわけではなく、面白半分に行っているのであり、飽きれば別の標的に向かいます。なので、下手に対処をして彼らの反感を買うよりは放置した方が収まりやすいというわけです。

個人的な恨みを持つ人間の誹謗中傷は対処が必要

では、対処が必要なケースはどのようなものが挙げられるでしょうか。こちらの代表例は、加害者がなんらかの恨みを抱いて誹謗中傷を行っているというケースです。一切の人間関係がなく、一方的に恨まれているというケースも含まれます。このケースでは、加害者側がネットでの誹謗中傷から進んで、最終的に直接的な暴力を振るってくる可能性があります。なので、弁護士や警察に相談するという対処を取った方がいいのです。加害者が誰なのかまったく思いつかないという場合でも、被害届を出すことは可能です。もし、警察に届けを出すのであれば、具体的にどのような誹謗中傷を受けているのか伝わるように、誹謗中傷が行われているサイトのキャプチャーを紙に印刷して持っていくといいでしょう。

逆SEOの対策を立てることで、検索エンジンの最適化を図ることができるケースがあるため、まずは専門家と相談をすることが有効です。