電子が飛び交う便利な時代だからこそ守るプライバシー

本人になりすまして…?!

IDやパスワードの流出によって「なりすまし」の犯罪が増えてます。他人になりすまして、あたかも本人がやったように見せる「なりすまし」は とても悪質な犯罪です。この犯罪から身を守るためには、私たちはどのような対策を取れば良いのでしょうか。今回はそういった情報の流出やトラブルを回避する方法について考えてみようと思います。暮らしの中で求めていることってたくさんありますよね。健康に恵まれることもそうですし、少しでも多くの収入を得ることも大事ですよね。でも犯罪から身を守ることなんかは、一番に考えなければいけないことでしょう。

ネット社会は便利だけれど…

自分の名前や自分がどこに住んでいるのかを、見ず知らずの他人に知られてしまうことはとても危険です。個人情報が盗まれてしまうことによって危険性のある悪質な犯罪に巻き込まれることもありえるからです。パソコンやスマホを使わない日などありません。情報は電子化されていて、常に飛び交っているのです。テクノロジーが駆使された時代では、情報流出のスピードはものの数秒です。科学技術が発達した時代ほど情報の漏えいが深刻化しているのです。

起こり得る被害を考えよう…

もしも自分が持っている個人情報が他人に知られてしまった場合、一体どうなってしまうのでしょう。住所が知られてしまった場合は、無数のダイレクトメールが送りつけられるかもしれません。電話番号が流出すれば、勧誘やセールスの押し売りがやたらと増えるかもしれません。こうした被害は日常茶飯時に起こっていて、個人情報を盗み出そうとする悪質な犯罪者も多いんです。情報流出のトラブルに巻き込まれないようにするためには、プライバシーの保護対策に何らかの手を打たなければなりません。

シュレッダーは、個人情報を守るという観点からも重要な役割を担っています。個人を特定することができる書面などを細かく粉砕することができます。